アイディアがどんどん出てくる為の工夫

この記事は2分で読めます

アイディアがどんどん出てくる為の工夫

こんにちは、けいです。
 
 
今回は、
「アイディアがどんどん出てくる工夫」
について話して行きたいと思います。
 
 

これから話す方法は、
僕が結構前からやっている事なのですが、
 
 
普通、人のしないようなことをしてみたり、
普段行かないような場所に足を運ぶ
事を
意識して取り組むようにしています。
 
 
(基本的に僕は好奇心旺盛なけっこうな変わり者です、笑)
 
 
これって、実は結構な利点があって、
普段しないことをしたり、
いつもと違う環境でもの思いにふけてみたりすることで、
 
 
「変化」
がおきるわけです。
 
 
当然、感情も変われば感じ取れるものも変わります。
 
 
これは、実践して体感してもらわなければ、
全くわかってもらえないと思いますが、
 
 
この、
「環境を変える」
ということをすることで、
 
 
アイディアがどんどんでてきて、
記事やメルマガの文章がすらすらと書けたりします。
 
 
(僕は記事が思い浮かばない時に意識的にやっています)
 
 
これは、脳が刺激を受けるからでしょうが、
不思議なことに、
アイディアの出てくる度合いがかなり変わるんです。
 
 
例えば、YOUTUBEでもこんな動画があります。

 
 
トイレの中が一番アイディアが浮かんでくるとありますが、
これは、普段最もやらないことと言えるからです。
 
 
普段からやらないことをあえてすれば、
脳が刺激を受けて、
アイディアはかなりでてきやすくなります。
 
 
僕は会社員の時、変化を起こすために、
出勤前にジョギングしてみたり、
 
 
会社から電車で帰るところをわざと一時間近くかけて
帰ってみたりしていました。
 
 
すると、
普段から出てくるアイディアや発想よりも、
もっと深いアイディアがどんどん出てきました。
 
 
また、新たな発見もたくさんありました。
 
 
人間は、本来依存性の高い生き物で、
同じ生活のパターンに依存する事で、
安心しやすいんです。
 
 
ですが、
どうしてもその状態では脳が刺激を感じないため
なかなかアイディアが浮かんだりということは
起こりません。
 
 
ですので、
記事が書けない
アイディアが浮かばない
と言う人は、
 
 
是非、普段と違う事をしてみてください。
 
 
そして、いくつかのテーマに絞って考えるのです。
 
 
そうすれば、アイディアが広がってきて、
記事を書くときなどに役立つと思います。
 
 
ではでは、今回はこれで、
長文読んでいただきありがとうございます。
 
 

PS

 
 
今回は、普段しないことということで、
トイレでこの文章を考えてみました。
 
 
(もちろんトイレでパソコンしているだけですのでご安心を、笑)
 
 
すると、効果がありました!!
 
 
約30分で、
この文章も含めて2つの文章(約1000文字づつ)
が出来ました。
 
 
いつものデスクだとぜんぜん文章がかけないのですがね(苦笑)
 
 

PS2

 
 
これは、今回の内容を試してみたい釣り場での写真です。
 
 
こういう普段と全く違う環境でPCに向かうと
すらすらと文章が書けたりします。
 
 
小説家気分で、「文章を書くための旅行」
に出かけるのもいいかもしれませんね。
 
 

 
 


 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 記事の更新頻度とアクセスについて
  2. オリジナル仕事空間の追求
  3. 増えて来たパスワードを管理するコツ
  4. 記事タイトルと記事内容は一貫させよう
  5. PC作業に必須のショートカットキー
  6. いいネタやアイディアを忘れたよ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)