ブログ記事の書き方の2つのポイント

この記事は2分で読めます

pen3

記事作成の際に、
意識しておきたい2つの
基本的なことを話しました。
 
 

こんにちは、
けいです。
 
 
今日は、
記事の本文の書き方
について意識したいポイントを
話して行きたいと思います。
 
 
今日話すポイントは
2つあります。
 
 

1、話すテーマを1つに絞る

 
 
まず、
1つ目が、
 
 
話すテーマを1つに絞る
という事です。
 
 
よくやってしまいがちなのが、
1つの記事で、3つも4つも話題を上げ、
結局何が重要なのか分からないような記事を
書いてしまう事です。
 
 
例えば、
 
 
美容のブログで考えると、
洗顔について話していたのにも関わらず、
いきなり足ツボマッサージの話になったりと・・。
 
 
まぁ、例えは強引ですが(笑)
 
 
1つの記事に3つも4つも
違う話題を含ませるのは危険です。
 
 
なぜかというと、
「伝わりにくい」
からです。
 
 
また、できるだけ要点を絞ったほうが、
読者さんにとっても記憶に残るでしょう。
 
 
もし、どうしても伝えるべきことが、
いくつかある場合は、
目次を作るとか、最大3つまでの要点にするとか、
H3タグを使って見出しをつけていくなどしてください。
 
 
そうすれば、伝わりやすく、
読みやすい記事になります。
 
 

2、キーワードを意識した記事の書き方をする

 
 
次に
2つ目のポイントです。
 
 
それは、
SEO対策を意識した記事の書き方をする
ということです。
 
 
これはどういった事かというと、
キーワードを意識する
という事です。
 
 
これにはバランスを考える必要があるのですが、
目で見て不自然でなく、
所々に、記事ページで検索エンジンで狙ったキーワードを
含ませてください。
 
 
検索エンジンで狙ったキーワードと書きましたが、
この意味は、
 
 
この記事を読みたい人の人物像を考え、
どういった言葉を普段使っているのか?
 
 
そして、
どんな言葉を打ち込みこの記事に
たどり着いてくるのだろうか?
 
 
そういったことを考えて、
検索してくる人が使いそうな言葉をちりばめるという意味です。
 
 
少し難しいかもしれませんが、
ブログテーマに合ったことを行なっていたり、
勉強していると、
 
 
自然にそういった言葉を記事に
含ませれるようになりますので、
はじめはそこまで神経質になって
意識しなくてもいいです。
 
 
ただ、出来るだけ、
記事のタイトルに対して詳しく書いてあげる。
 
 
という事ははじめから意識しておいたほうが良いでしょう。
 
 
そうすることで、
記事を読み込んでもらえやすくなりますし、
 
 
そうなると結果的に検索エンジンからも
好かれます。
 
 
では、今回は以上です。
 
 
何か 今回の記事で分からなければ、
遠慮なくメッセージください。
 
 
[icon image="finger1-r"]質問する
 
 


 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 記事の更新頻度とアクセスについて
  2. 0161
  3. 文章を考える時のおすすめの方法
  4. 自分の経験がすべて価値に変わる
  5. iCloudでメモ帳を共有しコンテンツ作成を効率化
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)