記事の更新頻度とアクセスについて

この記事は3分で読めます

記事の更新頻度とアクセスについて

記事更新頻度について、
 
アクセスにどう影響するのか?
読者さんにどう影響するのか?
 
についてまとめました。

こんにちはけいです。
 
 
かなり、
久しぶりの更新になってしまいました。
 
 
最近は、
風邪を引いてしまい、
 
 
数日ダウンしていたり、
 
 
正直、
記事の内容が思い浮かばない状態でした(苦笑)
 
 
これがよくあるネタ切れですね・・。
 
 
ただうんうん言ってパソコンの前にいても
なかなかアイディアは降りて来てくれません。
 
 
こんな時は、
ネタが思いつくきっかけを探す為に、
 
 
Amazonで、
本のタイトルとかを見ていったり、
 
 
本棚に手を伸ばし、
ゆっくり本読んで、
 
 
何かしらのネタが思い浮かぶのを待つのが
いいのでしょうが、
 
 
完全に、
書くまでの気分になりませんでした汗
 
 
それに、
 
 
機械的に書いた記事なんて
僕は自分のブログに望んでいないし、
 
 
そんなんだったら、
たぶんやめています。
 
 
まぁ、
よくわからない言い訳はこの辺にしておいて、
 
 
本題に入ります(笑)
 
 
今日のテーマは、
 
 
「記事の更新とアクセスについて」
 
 
です。
 
 
ちょうど、
 
 
記事更新をさぼったのもあったので、
ついでに記事更新について考えてみたいと思います。
 
 
まず記事更新頻度からですね。
 
 
記事の更新頻度をあげると、
アクセス数は伸びます。
 
 
それは、なぜか?
ですが、
 
 
ブログサービス内の
読者さんにメールが届いたり、
 
 
記事更新の情報が、
読者さんのページに表示されたりという
機能があったり、
 
 
RSS購読をしている人へと、
更新情報が届いたり、
 
 
後は、
PING送信機能などで、
 
 
送信先サーバーに更新情報が送られるからです。
 
 
PING送信の場合は、
 
 
インデックスが早くなるので、
検索エンジンからのアクセスも
早く見込めます。
 
 
・PING送信設定をして毎回記事の更新情報を
送信する方法はこちらを参考に。
 
 
Ping送信先
 
 
これらは、
記事更新した際の、
メリットですね。
 
 
また、
更新日時を予め決めておくと、
 
 
読者さんも、
 
 
「いつブログに見に来ればいいのか?」
 
 
ということが分かります。
 
 
例えば、
 
 
毎週月曜日には、
ドラマがやると分かっているから、
 
 
テレビをつけて見る人が多くいたり、
 
 
何時から何時まで、
開いているという事が分かるから、
 
 
その営業時間内に、
お気に入りのお店に行ったりします。
 
 
また、
 
 
ブログは、
 
 
読者さんの方から見に行かないと
見れない場合がほとんどなので、
 
 
いざ、
見に行って、
 
 
前読んだ記事から更新がされていなかったら、
正直がっかりします。
 
 
そんな事が何度も続くようであれば、
やはり継続して読んでくれる人は
どんどん減っていってしまいます。
 
 
その辺りを考えながら、
 
 
如何に記事を定期的に
更新できるかが、
読まれるブログの鍵だと思います。
 
 
まぁ、
僕は偉そうに言えないですが(笑)
 
 
基本的に、
 
 
気分がまったく乗らない時は無理に記事を
書く事はしません。
 
 
あくまでも、
マイペースを優先しています。
 
 
嫌々続ける様になったら、
終わりだと思っているからです。
 
 
これが、
 
 
僕にとっての、
長くブログを続けられる
秘訣だと思っています。
 
 
単発で記事を入れて
アフィリエイトするブログも
戦略の一つとしてありですが、
 
 
メインブログに関しては
長く続ける事は必須ですので、
 
 
なにかしら、
記事更新に対して、
 
 
自分のやりやすい方法や
考えを、
 
 
見つけていってみてください。
 
 
そうすれば、
長く続けられ、
 
 
コンテンツも充実していき、
徐々に資産になっていきます。
 
 
WP(ワードプレス)などの独自ブログであれば、
より確実ですね。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 自分の経験がすべて価値に変わる
  2. 0161
  3. 文章を考える時のおすすめの方法
  4. 記事のネタ切れだ〜!そんな時は?
  5. アイディアがどんどん出てくる為の工夫
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)