情報収集(インプット)は良くも悪くもなり得る

この記事は2分で読めます

apple

こんにちは。
けいです。
今日は、
効果的な情報収集(インプット)
について僕なりに考えたいと思います。
 
 

最近は、
情報があふれすぎていて、
インプットした情報をうまく処理しうまく利用する
 
 
ということが
やりにくいように感じています。
 
 
ついつい情報の多さに溺れてしまう・・・
 
 
という状態ですね。
 
 
僕自身、
本やDVD、CDなどから
ノウハウ系のものを大量にインプットしていた時がありました。
 
 
その時は、
何が良いのか悪いのか分からず、
情報の多さに溺れていた状態です。
 
 
要は使い方が分からない・・・
そんな状態でした^^;
 
 
インプットじたいは良いのですが、
 
 
自分が普段から、
「何に利用したいのか、何がしたいのか?」
という目的がなければ、
あまり意味がないように思います。
 
 
例えば、
1冊の本を読むにしても、
理解して吸収するには結構な時間が掛かると思います。
 
 
これに対して、
何の目的もなくただ読んでいるんだとすれば、
とんでもなく時間がもったいないように感じてしまいます。
 
 
それだったら、
実践して、テストして失敗しても良いから
データをためていった方が良いと僕は考えています。
 
 
ただ、インプットだって“目的さえあれば”重要です。
 
 
例えば、本であればスタンダードとなっている情報や、
世の中に出回っている情報を知ったり、
 
 
情報商材であれば、
すぐに実践できることも載っています。
 
 
当然、目的や自分が何をやろうとしているのかが明確であれば、
活かし方は見えてきます。
 
 
一つのやりたいことや、
自分の考えにあわせて情報を活かすだけです。
 
 
自分のやりたいことを軸として考える
 
 
例えばですが、
りんごの芯があなたの軸だと考えてください。
 
 
この軸に対して、
必要なノウハウを吸収していき
実践して検証を繰り返し、
 
 
効果的なスタイルを見つけ出してください。
 
 
これが、りんごにとっての実になるわけです。
 
 
ただ、軸がなければ、
りんごでいうと芯がないのと一緒です。
 
 
軸がなければ、
支えがもろく崩れやすいと思います。
 
 
また、軸さえあれば、
大量にインプットしても、
 
 
自分の軸に対してどう活かしたら良いのかがわかります。
 
 
一番いけないのは、
軸がないのに、いろいろな情報を取り入れることです。
 
 
ここで、あれやこれと目移りしなければ良いのですが、
 
 
たいていの場合は、
目移りして結局なにもうまくいかないことに
なってしまいます。
 
 
ですので、まずは、
 
 
自分の軸を持つことから始めてみてください。
 
 
(軸といっても一言では言い表せれませんが、
自分の目的ややろうとしていること、手に入れたい状態。
ひとつの思い。と考えればいいと思います)
 
 
では、今日はこれで。
長文読んで頂きありがとうございます。
 
 


 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 購入者になって初めて分かるビジネス構造
  2. souzoutekihakai
  3. 情報過多の恐怖
  4. 情報商材のインプットの習慣化
  1. けいさん、こんばんは!
    はじめまして、ももsです。

    軸を決めて、師となる相談相手が見つけられると余計なことをしないで稼げそうです。

    初心者やコレクターの方に読んで頂きたい記事ですね。

    ヾ(♥◕∀◕)ノ凸ポチッ♫

      • keiji0708
      • 2012年 3月27日

      ももs@侍レンジャーさん

      はじめまして。コメントありがとうございます^^

      ≫初心者やコレクターの方に読んで頂きたい記事ですね。

      そうですね!
      是非遠回りにならないように参考にして頂けると嬉しいですね^^

      けい

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)