情報過多の恐怖

この記事は3分で読めます

情報過多の恐怖

あれもいい、
これもいい、
それもいい...
 
結局何がいいのだろう・・・。
 

こんにちは、
けいです。
 
 
今日は、
 
 
ネットビジネスをしていく上で
とても重要な事です。

 
 
それは、
 
 
情報過多になり過ぎない
 
 
という事についてです。
 
 
まず、
 
 
ネット上では、
 
 
リアルとは違い、
情報へのアクセスが
とても簡単にできてしまいます。
 
 
また、最近では、
 
 
より個人での
情報発信者が増えているので、
 
 
いろいろな情報が
毎日大量生産されています。
 
 
少し、
ネットサーフィンすれば、
 
 
数十~数百の
サイトが表示され、
 
 
その中には、
 
 
数百数千という文字で書かれた
記事がたくさんコンテンツとして
詰まっています。
 
 
また、
 
 
ちょっと
メールフォルダを
チェックしたら、
 
 
数十人~数百人からの
メールが届いているという人も
珍しくはないはずです。
 
 
一見、
無料で沢山の情報が増え
いい環境になったともいえますが、
 
 
反面、
やる事がとても多くなった
環境とも言えます。
 
 
どういうことかと言うと、
 
 
例えば、
 
 
AさんはPPCアフィリで成功した
Bさんはツイッターで成功した
Cさんはフェイスブックで成功した
DさんはYOUTUBEで
Eさんはブログで
Fさんはサイトで
Gさんはメルマガで
HさんはMIXIで
Iさんは無料レポートで
Jさんは・・・
・・・、
 
 
という風に、
いろいろな成功事例が
沢山あるわけですよね?
 
 
これらの情報を
すべてとっていると、
 
 
大体の人は、
 
 
あれがいい、
これがいい、
それがいい、

 
 
となり、
 
 
すべてに手を出し、
ひどい場合は、
 
 
それぞれ多ジャンルの
専門的な教材購入や
他ジャンルのセミナー参加などなど、
 
 
結局すべてが中途半端に終わるケースが
多いです。
 
 
まずは、
 
 
どの媒体に
力を入れて行きたいのか?

 
 
をきちんと考えるべきなんですね。
 
 
そして、
その優先順位としては、
 
 
流行っているとか、
誰々さんが言っていたからとかではなく、
 
 
ご自身の特徴や、
得意な事を考えた上で、
 
 
どれから手をつけるのが
一番自分がやりやすい方法か?
 
 
無難な道か?
 
 
向いている方法か?
 
 
などを考えてから、
手をつけて行くのが
 
 
とても順序として
早い方法だと思います。
 
 
ですので、
 
 
どんな方法が流行ろうが、
 
 
まずは、
自分はこれをやるべきか?
 
 
なぜやる必要があるのか?
 
 
何のためにやるのか?
 
 
などを、
考えてから取り組むようにすると、
 
 
情報の、
ある意味濁流に流され、
飲まれずにすむと思います。
 
 
では、
今回は、
 
 
よく陥りがちな、
内容でした。
 
 
ではまた次回に。
 
 
ありがとうございました。
 
 

PS

 
 
正直、
情報は沢山ありすぎます。
 
 
そのため、
迷い、
 
 
よくわからない教材に
多額の費用を使ってしまったり、
 
 
次から次へと、
情報教材を買いあさったり・・・、
 
 
その気持ちもわかりますが、
 
 
まずは、
 
 
自分の特徴や、
得意な事を考えるべきです。
 
 
そしてまずは方向性にあった
情報を取り入れるべきです。
 
 
僕の場合はシンプルです。
 
 
セルフプロデュースを意識し、
情報商材アフィリエイトを
行うなら、
 
 
アンリミ
 
 
物販アフィリエイトを中心に
行うならルレア
 
 
アフィリエイトをはじめる際に
取り入れるべき情報がまとめられたものは
このどちらかでしょう。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. apple
  2. 購入者になって初めて分かるビジネス構造
  3. 情報商材のインプットの習慣化
  4. souzoutekihakai
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)