購入者になって初めて分かるビジネス構造

この記事は4分で読めます

購入者になって初めて分かるビジネス構造

購入者であるからこそ
わかるとても重要な事。
 

こんにちは、
けいです。
 
 
今日は、
 
 
購入者だからわかる
色々なこと。
 
 
について
話していきたいと思います。
 
 
まず、
 
 
僕が普段
意識的にやっている事は、
 
 
「気になったらまず体験してみる」
 
 
という事です。
 
 
これに関して、
 
 
例えば、
最近では、
 
 
スノボーですね。
 
 
まぁ、はじめは、
若干兄に強引に連れて行ってもらったのですが、
 
 
これが結構楽しく、
 
 
すっかりハマってしまいました。
 
 
そして、
最近一式買ったわけです。
 
 
これは、
前回でも書きましたが、
 
 
「オークションで中古で買ってタダでレンタルする」
 
 
という感覚で購入しました。
 
 
?でいっぱいの方は前回の記事を
読んでみてください。
 
 
全ての物を無料でレンタルする方法
 
 
で、
 
 
買ってみて、
はじめて分かる事ってとても多いのです。
 
 
Yオクで言うと、
 
 
はじめの取引連絡の内容や、
文章。
 
 
後は、
発送後の連絡の内容。
 
 
商品が届いてから、
どんな商品なのか?
 
 
今回は、
スノボーでしたので、
 
 
バインディングやら、
板やら、
 
 
ブーツのことやら
沢山調べるわけですね。
 
 
ワックスの事とかも・・・。
 
 
で、
これって、
 
 
購入してはじめて分かる事ではないでしょうか?
 
 
まぁ、
買わなくても結構ネットでは分かりますが、
 
 
買った方が、
分かる内容や理解度が増す事は間違い無いです。
 
 
まぁ、
 
 
今回のスノボーのケースですと、
少しビジネスに繋げて何かの発見をするには、
 
 
少し遠い気がするので、
 
 
僕が最近入った会員について話したいと思います。
・・・
 
 
何の会員かと言うと、
 
 
Perfumeのファンクラブです(笑)
 
 
もともと、
Perfumeには悪いですが、
何の興味も無かったわけです。
 
 
だけど、
たまたまTwitterで知り合った
同じ京都住みの仲良くなった子が、
ファンクラブに入っていたので、
 
 
これまた、たまたま、
ライブビューイングに行ける機会があったので、
 
 
一緒にPerfumeのシンガポールライブの
中継を楽しみました。
 
 
で、
 
 
そこでPerfumeの魅力に
取り付かれたわけですね(笑)
 
 
Perfumeのライブって、
かなりMCが長くて
3人のそれぞれの話しが聞けるわけです。
 
 
その話しがまた、
応援したくなる気持ちにさせる
ような事を話すわけですね〜。
 
 
それで、
まぁ、その友達も入ってるし、
入ってみようかと思い入ったんですよね。
 
 
曲自体も、
サウンド的にも色々な音がしたり、
 
 
重点音が好きなので、
いいかなと・・・。
 
 
で、
 
 
Perfumeのファンクラブに
入って初めて分かるのは、
 
 
Perfumeのコンテンツの配信内容なのですが、
 
 
配信システムの構造、
 
 
あとは、
 
 
ファンに対して
飽きさせないように
工夫している事が分かるわけです。
 
 
これって、
 
 
まるっきり、
コンテンツビジネスにも
応用の効く事なわけですね。
 
 
こういった事は、
購入者になって初めて分かる事です。
 
 
何か今後、
 
 
ブログなどの発信媒体を育てていく上で、
 
 
通信講座や
デジタルコンテンツ(情報商材)を
作成したいと思われている方も多いと思います。
 
 
実際に、
 
 
ブログなどの読者が増え、
見てくれる人が多くなれば、
 
 
必然的に
情報商材や通信講座の
ニーズが嫌でも出てくる筈です。
 
 
発信者として何も考えていなくても、
読者さんの方から、
 
 
「こんなの作ってください」
 
 
といった、
声がかかる事は
珍しくありません。
 
 
そういった時に、
 
 
コンテンツを提供する為に
出来る手段の方法を
多く知っている事は、
 
 
とても臨機応変に対応するために
必要になってくると思います。
 
 
また、
 
 
ただ単に、
ブログ運営のみで考えた場合でも、
 
 
「コンテンツを充実させる」
 
 
という目的で考えても、
 
 
当然、
 
 
アイディアが多く浮かびやすいし、
それを形にする方法も容易に思いつくと思います。
 
 
今回は、
 
 
「購入者側になって初めて分かる事」
 
 
を説明しましたが、
 
 
これは、
 
 
ただ、
 
 
教材を買った方が良いとか、
情報商材は持っていた方が良いとか以前の話として、
 
 
何かを売っている方は、
積極的にいろんなサービスにお金を払って、
 
 
サービスを作る側の仕組みや
工夫している事を、
 
 
自分の頭の中に
ストックしていく必要があると
僕は考えています。
 
 
現に、
 
 
ビジネスでうまく行っている人で、
 
 
商品やサービスに対して積極的に
お金を払わない人を見た事が無いので・・・。
 
 
一度、
 
 
何かのサービスや商品を買われた経験のある方は、
 
 
(多分全員ですが)
 
 
よくそのお金を払ったサービスについて
よく考えてみてください。
 
 
そこには、
何かしら考えられた戦略や、
 
 
構造が隠れている筈です。
 
 
まれに、
 
 
何も考えられていないサービスもあるので、
そういった場合は、
 
 
発見があるまで、
いろいろなサービズについて
考えてみてください。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. apple
  2. 情報商材のインプットの習慣化
  3. 情報過多の恐怖
  4. souzoutekihakai
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)