マーケットインとプロダクトアウト

この記事は3分で読めます

マーケットインとプロダクトアウト

媒体を育て
発信していく上で、
 
意識しておいた方がいい事。
 

こんにちは、
けいです。
 
 
今日は、
 
 
マーケティングについて
話していきたいと思います。
 
 
マーケティングでよく聞く言葉で、
 
 
マーケットインと
プロダクトアウト

 
 
という言葉があります。
 
 
これは、
 
 
もっとわかりやすく言うと、
 
 
自分視点で商品を売るのか、
お客様視点で商品を売るのか?

 
 
と言った事です。
 
 
で、
 
 
これに関して僕がやっていこうと考えている内容は、
どちらも重視した方法です。
 
 
例えば、
 
 
僕が、
 
 
「鼻から自動でジュースが飲める機械が欲しい」
 
 

 
 
「きっとこれって他の人が欲しいのでは?」
 
 

 
 
「これを商品にしよう」
 
 
となっていたら、
きっと商品を作って売り出しても
大赤字になって終わりになるでしょう。
 
 
こんな商品、
相当な物好きしか買いませんよね?(笑)
 
 
これが、
 
 
完全にプロダクトアウトを
重視したマーケティングです。
 
 
まぁ、
自分でもよくわからない例えを出しましたが...(苦笑)
 
 
次に、
 
 
よし、
何かの商品を作って
稼ぎたいなー。
 
 
と思いましたと。
 
 
そしたらとりあえず
誰かに聞いちゃえ、
 
 
集まった人に聞いちゃえ!
 
 
という事を実行したとします。
 
 
「私はお金を自動で生み出してくれる商品が欲しいです」
 
 
「僕はお菓子を自動で生み出してくれる商品が欲しいです」
 
 
といった意見がありましたと。
 
 
これらを
重視して商品を作るのが、
 
 
マーケットイン
 
 
ですね。
 
 
まぁ、
よくわからない商品ができそうですがね(笑)
 
 
でも、
これって、
 
 
マーケットインと
プロダクトアウトの、
どちらかに偏っちゃうと
 
 
自己満で終わるのと、
 
 
自分って何がしたいんだろう・・・。
 
 
みたいな事になって終わっちゃうと思うんですよね。
 
 
少なからず、
お客さんのニーズを満たす事を考えた上で、
 
 
自社ブランドとしての世界観を重視した
商品を売り出すとか、
 
 
そういったバランスの取れた状態でないと
作っても結局売れない状態になっちゃうと思います。
 
 
では、
これらを、
 
 
ブログでの発信で考えた場合どうなるでしょう?
 
 
完全マーケットインだと、
全くコンセプトの無いブログであったり、
 
 
発信内容で終わってしまいます。
 
 
反対に、
 
 
プロダクトアウト
だけを重視した状態だと、
 
 
完全に自分視点の発信になりすぎて、
共感してくれる人がほとんどいない状態になりかねません。
 
 
ですので、
 
 
このどちらも
重視し、
 
 
バランスの取れた状態が理想だと思います。
 
 
自分で企画して、
 
 
「こんなのをやろうかなと考えています」
 
 
と発信しておいて、
 
 
コメントやメッセージなどの反応を見ていくわけです。
 
 
そして、
フィードバックがあってから、
 
 
できるだけそのフィードバックの
ニーズも満たせないか考えながら、
どんどん展開していくわけですね。
 
 
セミナーとか、
通信講座、
 
 
コンサルなどなど・・・。
 
 
もしフィードバックを得れる状態でなければ、
知恵袋など、同じカテゴリーなどでよくある悩みなどを徹底的にリサーチし、
 
 
そこを満たすものからまずコンテンツとしてはじめてみるのも
はじめ方としては理想的ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)