ブログ発信に慣れる方法

この記事は3分で読めます

ブログ発信に慣れる方法

文章の書き方など、
 
発信するのに
慣れる為につかえる方法を
まとめました。
 

こんにちは、
けいです。
 
 
今日は、
 
 
「発信の練習」
 
 
をする上で、
 
 
オススメの方法を紹介したいと思います。
 
 
よく、
 
 
ブログなどでの発信を始める上で、
 
 
「どんな風に発信していけば良いのかわからない」
 
 
であったり、
 
 
「なにを発言すれば良いのか?」
 
 
など、
 
 
はじめは壁に感じると思います。
 
 
僕自身も、
どこまでのラインであれば、
少々過激な事を言っても良いのか?
 
 
など、
 
 
そういった事を
よく考えていました。
 
 
まぁ、
 
 
今でも少し控えめの発信ですが・・・(苦笑)
 
 
で、
 
 
その、
どのラインまでなら言いたい事を
言って大丈夫かとかは、
 
 
実際にやってみないと
どうしても感覚がわからないですし、
 
 
イメージが出来にくいと思います。
 
 

発信して初めて分かる反応

 
 
あとは、
 
 
発信してみないと、
どんな事を言えば
コメントが入り易いなど、
 
 
興味を持ってもらう事が出来るかなどは、
発信してみないと分かりません。
 
 
逆に、
 
 
とりあえず、
発信を始めていくことで、
 
 
どんな内容だと反応が良いかも
少しづつ分かってきます。
 
 
例えば、
 
 
自分のブログでは、
こういう話題を書くと
よく読まれ易いとか、
 
 
コメントが入り易いとか、
 
 
紹介している広告をクリックされ易いかとか、
 
 
そういった事がとりあえず発信する事で
わかるわけです。
 
 
ただ、
 
 
今回の内容で、
出てくる壁が、
 
 
「失敗したくない」
 
 
という感情だと思います。
 
 
これをクリアする為に
僕がやっている方法で、
 
 
お勧めできる方法を紹介したいと思います。
 
 

失敗してもいい発信場所

 
 
その方法は、
とても単純で簡単な事なのですが、
 
 
「どうなっても良いブログを1つ用意する」
 
 
という方法です。
 
 
まずは、
完全に練習の為や、
 
 
ネット上で何を言えばどんな反応があるのかを
試すブログと考え、
 
 
無くなっても良いと言う感覚で、
 
 
自分の発信の練習に使えるブログを
1つ用意してください。
 
 
そこで、
自分の考えなどを発言する練習をしていくわけですね。
 
 
顔とか名前も一切出さなくても良いので、
 
 
とことん自分の考えなどを発信したりして、
練習をしていくわけです。
 
 
そうすれば、
 
 
自分の書き易い文章や、
得意な文章の書き方など、
 
 
やりやすい発信スタイルが
ある程度分かってくるので、
 
 
それから、
本格的にメインブログを作っていくと、
 
 
これから始める方はやり易いと思いますし、
 
 
実際に僕もその流れで、
このブログに移ってきました。
 
 
一応、いまでも
その練習用のブログは、
 
 
たまに記事更新して
色々な事をテストしてみたり、
 
 
サテライトとしても、
重要な役目を果たしてくれています。
 
 
べつに、
練習用ブログで
うまく行ったのであれば、
 
 
メインの発信場所にしても良いでしょうし、
 
 
どちらにしても、
 
 
サテライトブログとしてSEOの
役目を果たしてくれると思います。
 
 
ですので、
 
 
発信するのに
抵抗がある人は、
 
 
練習用のブログを作って
自分のやりやすい発信スタイルを見つけてみてください。
 
 
では今回は以上です。
 
 
ありがとうございました。
 
 

PS

 
 
今回は、
 
 
練習用のブログを用意して
とりあえず、
 
 
ブログ発信に慣れよう
 
 
と言う事を伝えたかったのですが、
 
 
もし、
はじめから、
 
 
メインブログにもなるような
方向性で発信をされたい場合は、
 
 
無料ブログだとFC2、
独自ドメインだと
WPをお勧めします。
 
 
もちろん、
規約さえ守れるのであれば、
 
 
他の無料ブログでも良いと思いますが、
 
 
アフィリエイトができるブログであることを
注意して確認してもらえたらと思います。
 
 
もしくは、
アフィリエイトはせず、
 
 
文章の練習だけに1つ用意するのも
ありですね。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 自然に読み始めてもらえる文章とは?
  2. 読まれる・信用される・買われる為の文章の書き方
  3. 文章には魂が宿る?
  4. 全ての物を無料でレンタルする方法
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)