文章には魂が宿る?

この記事は2分で読めます

文章には魂が宿る?

どんな気持ちで文章を書くか?
 
自分の知っている事
理解している事を書けるか?で、
精読率や成約率は変わってきます。
 

こんにちは、
けいです。
 
 
今日は、
 
 
文章には魂が宿るか?
 
 
という内容を
話したいと思います。
 
 
この内容は、
成果を伸ばされたい場合は、
 
 
特に重要な内容だと思っています。
 
 
僕の実践したデータに対して
分かった事なのですが、
 
 
自分の言葉で
書いた文章からは
反応があり、
 
 
成約も上がっていて、
 
 
自分の言葉ではなく、
 
 
何かの本や
どこかのサイトに書かれていて、
そこからみた事など
 
 
完全に理解できていない事を
文章にした場合、
 
 
全くと言っていい程、
反応はない。
 
 
というデータがあります。
 
 
まぁ、
当たり前の事と言えば
それまでなのですが、
 
 
これを実際に
自分で経験してみて、
 
 
データとして
持っている場合は、
 
 
かなりリアルに感じることができ、
理解できている事だと思います。
 
 
(自分で言うのもなんですが。笑)
 
 
特に、
 
 
自分の経験から、
何かしらの怒りや
感情が入り、
 
 
それが文章に現れた場合、
 
 
人の心を引き付け、
 
 
読まれ易く、
 
 
結果、
精読率や成約率も
上がる内容になると思います。
 
 
ただ、
やはりこれは、
 
 
ご自身で経験して
感じてみてもらう必要があります。
 
 
まずは、
 
 
もし今、
普段書かれている文章が、
 
 
感情込めて書く事が出来ていない場合、
 
 
感情を込めて
書けるような文章を
記事としてためていってみてください。
 
 
そうすれば必ず
今と違う反応が帰ってくると思います。
 
 
そうすれば、
その反応も加味した
記事を書いていけば、
 
 
今よりは前進できると思います。
 
 
今回は、
最近感じた文章に対する発見を
シェアしてみました。
 
 
また、
 
 
こういった普段やっている事で、
発見した事もシェアしたいと思います。
 
 
では今回は以上です。
 
 
ありがとうございました。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 自然に読み始めてもらえる文章とは?
  2. ブログ発信に慣れる方法
  3. 読まれる・信用される・買われる為の文章の書き方
  4. 全ての物を無料でレンタルする方法
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)