自然に読み始めてもらえる文章とは?

この記事は2分で読めます

自然に読み始めてもらえる文章とは?

ふと目に入って来た文字に引かれ、
私は知らない間に
夢中になって読んでいました。
 
それが誰から発信されている内容かも
分からずに...

 
 
そのまま、
ふと気づいたら、
 
 
商品の説明ページまで
行き、
 
 
全て長い文章を読んでしまっていたのです・・・
 
 
こんにちは、
けいです。
 
 
今日は、
 
 
「自然に読んでしまう記事の書き方」
 
 
について、
少しまとめたいと思います。
 
 
今回はあえて、
冒頭をいつもと違う感じに書いたのですが、
 
 
どうでしょう?
 
 
急に何かの物語が
始まっているように書き出してあると、
 
 
自然に読み始めてしまいませんか?
 
 
このように、
記事の文章の始まりから、
 
 
物語調で書いていくのも、
結構人気の出やすいブログなんかでは
使われているテクニックです。
 
 
これは、
もちろんブログだけでなく、
 
 
SNSでも使えるテクニックです。
 
 
SNSで自然に読み始めてしまう内容を
公開し、
 
 
最後にブログの記事へのリンクを貼って
効率的に誘導する事も出来るでしょうし、
 
 
メルマガなんかでも
読んでもらう為に、
 
 
自然に見入りやすい様に
工夫する事で、
 
 
精読率は
上がります。
 
 
また、
 
 
検索エンジンから検索してくる人に対しても
特に読み入りやすい書き出しをしていると、
 
 
本来は探し物をしていて、
3秒でページを閉じるような人も
 
 
読み込んで貰える可能性が出てきます。
 
 
そうすれば、
アプローチできる人数も
 
 
文章一つで
大きく変わってきます。
 
 
よくありません?
 
 
何かを検索エンジンで探していて
 
 
気づいたら、
何を検索していたのか分からなくなった事..
 
 
そういう時は
 
 
必ずと言って、
誰かの文章を読み込んでいる時だと思います。
 
 
アクセスアップや
SNSを使って○○とかも
効果のある事ですが、
 
 
もっと大切な事は、
 
 
どんな文章を書けるかだと思います。
 
 
まぁ、
僕もまだまだこれからですが。
少しづつレベルを上げていこうと考えています。
 
 
一応コピーライティングに
関しては、
 
 
この辺りの教材で勉強していたら、
知識として、
 
 
また、
実践していくポイントとして
間違いないと思います。
 
 
コピーライティング参考教材
 
 
では今回は、
以上です。
 
 
また、
今回の記事でも
 
 
何か疑問や相談などあれば、
こちらからどうぞ。
 
 
けいに質問する
 
 
では、
ありがとうございました!
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 文章には魂が宿る?
  2. ブログ発信に慣れる方法
  3. 全ての物を無料でレンタルする方法
  4. 読まれる・信用される・買われる為の文章の書き方
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)