読者さんのニーズを調べるための解析について

この記事は2分で読めます

読者さんのニーズを調べるための解析について

読者さんのニーズを調べるための
解析はされていますか?

今回はアクセス解析や
クリック解析についてまとめました。

こんにちは、
けいです。

今日は、
読者さんの反応を見るための
テストの方法として、

解析について話していきたいと思います。

解析については、
以前紹介していたi2iなどで
調べることができます。

⇒ 「過去記事」解析しながらSEO効果を見る

このツールで、

どれくらいの人が来ているかを
見るわけです。

そして、

その訪問者の数に対し

どれくらいの人が、

バナーをクリックしてくれたか?

とか

リンクをクリックしてくれたか?

を調べます。

このアクセスに対しての
クリック率が上がれば上がるほど、

読者さんの興味と

発信内容がマッチしていると言えます。

定期的に確認しながら
把握しておくと、

発信内容に対する改善にもつながります。

では、

クリック解析の方法について

2種類の方法を
紹介したいと思います。

クリック数を確認する方法

クリック数に関しては

アフィリエイトリンクなどであれば、

大概のASPは見れるようになっています。

それらの数字を

i2iなどの解析ツールで調べた
アクセス数に対して

どれくらいクリックされたか見ていき

このクリック率が上がるように改善できれば理想です。

自分で設定してクリック解析する方法

こちらは、

長くアフィリエイトをされている方は

ご存知かと思いますが、

サーバーなどに設置して使用できる

クリック解析ツール

というものが存在します。

有料で8千円くらいで売られているものが

多いと思います。

これであれば、

URLや自分で作成したバナーに対しての

解析が可能です。

有料ではありますが、

本格的にアフィリエイトをされ始めた時にでも

用意して頂ければと思います。

一応僕の購入者特典でも

ClickScope2

というものを差し上げています。

このツールの場合は、

URL短縮と解析も同時に行えます。

■ClickScope2の動画・URL個別設定

更に、

メルマガ作成の際に打ち込んだURLを

一括で変更することも可能です。

■ClickScope2の動画・メルマガ文章内URL一括短縮

まとめ

アクセス解析をしていくことはもちろん

合わせてクリック率も見ていくことで、

読者さんが興味を持っていることも調べていくことができます。

また、

これらのデータを
定期的に見ていくことで、

ある程度時間が経ってきた時に
全体の流れがつかめると思います。

あとは、

反応を見ながら改善を繰り返せば

成約率も少しづつ向上してくると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ブログの媒体力を調べる為のテスト
  2. clicktansyuku
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)