無料レポートで最低限抑えておきたい記入事項&量産のポイント

この記事は2分で読めます

無料レポートで最低限抑えておきたい記入事項&量産のポイント

記載事項など
何かと面倒に感じる無料レポート作成・・
 
だいたいのスタンドに申請する前に
僕が使い回しで表示させている箇所とは?
 

こんにちは、
けいです。
 
 
今日は
無料レポート作成する上で
 
 
最低限表示させておきたい箇所を
まとめてみたいと思います。
 
 
このポイントを抑えておく事で、
僕自身は
 
 
とても効率よくレポート作成が可能になっています。
 
 
その、
抑えておきたいポイントさえ把握し
 
 
あとは、
申請の都度コピーして
張りつけし
 
 
使い回せばOKだと思っています。
 
 
ブログ記事も更新しながら、
メール配信もし、
 
 
レポート作成もして、
・・・
 
 
となると
毎回記入する内容などは
コピ&ペーストして
効率化するのは
 
 
大切な事だと思います。
 
 
当たり前の事かもしれませんがね(苦笑)
 
 
では、
レポート申請前に
 
 
僕が決まって記入している箇所を
紹介したいと思います。
 
 
この決まって記入する部分だけはコピペで
使い回ししているので
 
 
文章だけの入力で
素早くレポート作成が出来る状態になっています。
 
 

著作権表示

 
 
この部分はだいたいのレポートスタンドで
必要になってくる箇所です。
 
 
僕の場合は
このように、
レポートのはじめの方に表示させています。
 
 

 
 

フッター部分の表記

 
 
レポートを作成する際は
 
 
いつもWordか
無料で使えるオープンオフィス
作成しています。
 
 
これらのツールでは
フッター部分に入力が出来るようになっています。
 
 
Wordの場合ですと、
表示を選択して
ヘッダーとフッターを選択します。
 
 

 
 
そうすれば、
ヘッダー部分とフッター部分に入力ができます。
 
 

 
 
このフッター部分にはいつも
僕はこのように記入しています。
 
 

 
 
ちなみに、
ページ数の入力方法は、
 
 
Wordの場合ですと、
挿入からページ番号を選択すると
入力ができます。
 
 

 
 

発行者情報

 
 
発行者情報も
毎回同じように使用し
 
 
変更はなかなかないと思いますので
使い回しで効率化できます。
 
 
僕の場合はこのような情報を表示させています。
 
 

 
 
・作成者のニックネーム
・連絡先アドレス
・管理ブログ
 
 
と後は、
発行者情報が分かりやすいように
自己紹介ページも表示させています。
 
 
あとは、
他の僕のレポートも紹介し
協賛ポイントにも繋がるように
 
 
自分のレポートも
メルぞうなどの紹介用URLで紹介しています。
 
 

 
 
一応今回まとめた箇所は
使い回しで使っていますので
 
 
参考に
毎回使わないといけない箇所は
コピペにすることで
 
 
レポートがより早く完成すると思います。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 多数のスタンドにレポートを登録する前に用意しておきたいもの
  2. まぐまぐ発行者登録と無料レポートスタンド
  3. 無料レポートを効率よく作る為の構成を考える時に役立つツール
  4. 無料レポート作成・PDF変換方法
  5. 無料レポート作成から公開までの7つの順序
  6. Word・オープンオフィスの目次の作成方法
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)