無料レポート用の3Dパッケージ画像の作り方

この記事は6分で読めます

無料レポート用の3Dパッケージ画像の作り方

自作の無料レポートが、
レポートスタンドに表示された際に
あったほうがいい
レポート画像。
 
今回は3Dパッケージの作り方
シェアします。

こんにちは、
けいです。
 
 
今日は、
無料レポートを
スタンドに登録する前に
 
 
あったほうがいい
レポートのパッケージ画像について
 
 
作成方法をシェアしたいと思います。
 
 

3Dパッケージを作成

 
 
無料レポートをいろいろ探していると、
よく見かけると思うのですが、
 
 
下記のような
写真付きで
レポートが紹介されてあると思います。
 
 

 
 
ちなみにこれは
僕の作ったパッケージですが、
 
 
このような
パッケージの作り方を
今回は説明したいと思います。
 
 
まず、
 
 
このような
3Dパッケージを作るには、
 
 
画像をあらかじめ
編集し用意しておき、
 
 
ツールを使って
作成する必要があります。
 
 
また、
3Dにするわけですので、
 
 
2面~、
 
 
上部も見えるようにするには、
3面分の写真が必要です。
 
 
今回は表紙と
横部分にくる写真を合わせた
 
 
2面文の写真を
それぞれ作成したいと思います。
 
 
※下記の二か所の写真ですね。
 
 

 
 

無料で使える画像編集ソフト

 
 
画像編集については、
 
 
無料で使える下記の
画像編集ソフトを使って
 
 
今回は説明したいと思います。
 
 
Paint.NETダウンロード
 
 
まずは
下記の順序でダウンロード
します。
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
下記フォルダをダブルクリック
 
 

 
 

 
 
下記もダブルクリック
 
 

 
 
インストールが始まるので
完了したら、
 
 
Paint.NET
を起動させて下さい。
 
 

表紙画像作成・3Dパッケージ

 
 
ではまず、
表紙画像を
作成していきたいのですが、
 
 
3Dパッケージにした時に
メルぞうのレポートスタンドに登録する際のサイズ
200×260pixelになるように
 
 
あらかじめ大きめの画像を
作っておきます。
 
 
(だいたいのスタンドは、このサイズで登録できます)
 
 
今回は、
200×260pixelで
作成します。
 
 
pixelについて
 
 
まず、
ファイルから
新規作成を選択し
 
 
サイズ指定のところで、
横が200縦が260ピクセルにして
OKを選択してください。
 
 

 
 
次に背景の色を指定する場合は
 
 
ペイント缶を
選択します。
 
 

 
 
あとは色を指定し
編集中の写真の上で
クリックすると
 
 
色が変わります。
 
 

 
 
あとは、
テキストを入力したいので、
 
 
下記の
テキストを選択して、
 
 

 
 
入力したい場所を
選択しテキストを
入力してください。
 
 
ちなみに文字色は
下記の場所でできます。
 
 

 
 
文字のサイズや
フォント、太さの設定は
この部分で変更できます。
 
 

 
 
一応、例として
このようなタイトルを
表示させました。
 
 

 
 
あとは、
 
 
このレポートタイトルに合う
写真などを入れてみたいと思います。
 
 
検索エンジンで
 
 
「無料素材 パソコン」
 
 
などで検索し、
 
 
下記のような写真を見つけたので、
 
 
これを表紙のイメージとして
表示させたいと思います。
 
 

 
 
まず、
ファイルから
開くを選択し、
 
 
保存しておいた
使用する画像を開きます。
 
 
次に
レポート表紙に収まるサイズにします。
 
 
サイズは、
 
 
イメージから
サイズ変更を選択して
変更できます。
 
 

 
 
サイズを変更したら、
使用したい部分を
四角形ツールで囲い
 
 
コピーしてください。
 
 

 
 
コピーは
選択した状態で、
 
 
編集から
コピーを選択してできます。
 
 
もちろん
コントロールキー
とCの同時押しでもできます。
 
 
あとは、
表紙の画像を選択し
 
 
貼り付けしたい部分を選択後、
 
 
編集から貼り付けを選択して
貼り付けができます。
 
 
一応
表紙が完成したので、
 
 
この写真を
ファイルから
名前を付けて保存を選択し
 
 
わかりやすいところに
保存しておきます。
 
 
この時に注意したいのが、
保存する画像の種類です。
 
 
テキスト部分を
きれいに表示させたい場合は、
GIFを選択。
 
 
写真をきれいに表示させたい場合は
JPGで保存しましょう。
 
 
今回はGIFで保存します。
 
 

 
 

横部分画像作成・3Dパッケージ

 
 
次は、
横にくる部分の
写真を作成します。
 
 
今回は
縦260ピクセル
横30ピクセルで
作成してみたいと思います。
 
 
まず、
先程と同じ要領で
 
 
ファイルから
新規作成を選択し
 
 
画像サイズを
設定します。
 
 
次に
背景色を赤にし
テキストを入力します。
 
 
テキストは
今回例にあげた
レポートタイトルの
 
 
「10分で読める画像編集マニュアル」
 
 
にしてみます。
 
 
一応、
こんな風に出来上がったので、
これを保存しておきます。
 
 

 
 

3Dパッケージ作成

 
 
これで
3Dパッケージが作れる
最低枚数の写真
2枚がそろったので、
 
 
仕上げていきたいと思います。
 
 
まず、
 
 
3D-box maker
 
 
を開け
3d-boxを選択します。
 
 

 
 
次に、
作成しておいた写真を
アップします。
 
 
下記赤枠の
上のほうが
表紙になる部分で
 
 
下の赤枠のほうが
横部分の写真になります。
 
 

 
 
アップ方法は
参照をクリックして
写真を選択してください。
 
 
最後に
Create3dbox
を選択で
 
 
3Dパッケージが作成できます。
 
 
画像の上で
ドラッグすることで
 
 
パッケージの向きも変更可能です。
 
 
気に入った向きが決まれば
保存形式を選んでください。
 
 

 
 
すると、
画像が出来上がりの
画面になりますので、
 
 
画像を選択し
右クリックで保存してください。
 
 
ただ、
この時点では、
下記のように余計な表示が
されるので、
 
 
これを
また画像編集で
表示されないようにしていきます。
 
 

 
 
まず、
保存した画像を
先ほどのソフトで
開きます。
 
 
次に必要な部分だけを
選択しコピーします。
 
 

 
 
ファイルから
新規作成で
貼り付けると・・
 
 
下記のように
必要な箇所だけになります。
 
 

 
 
あとは、
サイズを各レポートスタンドに
登録できるサイズに変更します。
 
 
ちなみに僕は
縦260横200ピクセルに
変更しています。
 
 
一応このサイズは
メルぞうに合わせていますが、
 
 
ある程度他のスタンドでも
登録可能なサイズです。
 
 
一応、
今回試しに作ったのが
このパッケージ画像です。
 
 

 
 
少し慣れるまでは
画像編集に時間が掛かるかと思いますが、
 
 
慣れれば
10分くらいでも
作成できると思うので、
 
 
是非挑戦してみてください。
 
 
では今回は、
無料レポート申請用の
画像作成についてでした。
 
 
では、
ありがとうございました。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 無料レポート作成・PDF変換方法
  2. 無料レポート作成から公開までの7つの順序
  3. 無料レポート作成に困ったら
  4. まぐまぐ発行者登録と無料レポートスタンド
  5. 多数のスタンドにレポートを登録する前に用意しておきたいもの
  6. 無料レポートで最低限抑えておきたい記入事項&量産のポイント
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)