Word・オープンオフィスの目次の作成方法

この記事は3分で読めます

Word・オープンオフィスの目次の作成方法

無料レポート作成では
目次があったほうが
読みやすくなります。


今回は、
Wordとオープンオフィスを使った
目次の作成方法です。

 
 
こんにちは、
けいです。
 
 
今日は
無料レポートで表示しておきたい
 
 
目次
 
 
について
作成方法を
まとめたいと思います。
 
 
目次はあるのと無いのとでは、
やはり結構変わってくると思います。
 
 
例えば、
 
 
短時間で無料レポートを
ざっくり読みたいときなんかには
 
 
必要な事が書いてあるページだけを
読みたい場合もありますし、
 
 
ずっとレポートを
大切に読んでもらっている人が、
 
 
ある内容について
書いてあった事を思い出す為に
再びレポートを開いたとき、
 
 
どこに何が書いてあるのかが
直ぐに分からないと
探すのが大変です。
 
 
これは、
情報商材を購入したときなんかは
特に多いのですが、
 
 
何ページもあるPDFなんかは
 
 
どこに何が書いてあったのか
忘れたときに探す場合は
かなり大変です。
 
 
何ページもあるような
レポートを作成するとき程、
 
 
目次は見やすくしておく必要があると思います。
 
 
そんな目次を作成する方法として
 
 
今回も
 
 
Wordとオープンオフィス
をつかった場合に分けて、
 
 
まとめたいと思います。
 
 

Wordを使った目次の作成方法

 
 
まず、
Wordを使った目次の作り方ですが、
 
 
これは文章を入力していっている段階で
見出しなどの指定をしておく必要があります。
 
 
例えば、
始めに
 
 
このような構成を
作っていたとして・・
 
 
マインドマップ
 
 
この場合、
 
 
「はじめの挨拶」
 
 
「FC2ブログとは」
 
 
などを
目次にしていくと
見やすいと思うので、
 
 
記入していきながら
見出し指定をしていくと
効率的です。
 
 
見出し指定の方法は、
 
 
まず、
Wordに入力した状態で、
 
 

 
 
見出し指定する文字を選択し、
見出し1や2を選択していきます。
 
 

 
 
ちなみに、
 
 
見出し1や2についての違いは
下記の目次にした場合の
表示がどうなるかの違いです。
 
 

 
 
見出し1の指定をしたのが
 
 
「はじめの挨拶」
 
 
の部分で、
見出し2の指定が
 
 
「プロフィール」
 
 
になっています。
 
 
このように
所々で分かりやすいように
見出し指定をしておく事で、
 
 
あとで
目次にするときに
とても楽です。
 
 
最後、
文章が書き終わったら、
目次を入れたい場所を選択し、
 
 
挿入を押して
目次を表示させる事が出来ます。
 
 

 
 

オープンオフィスを利用した目次の表示方法

 
 
オープンオフィスの場合は
 
 
文章ドキュメントを開き
入力した状態で、
文字を選択し
 
 
写真の書式設定で
見出しの設定ができます。
 
 

 
 
また、
目次の作成方法は
 
 
目次を挿入したい場所で
挿入→目次と索引と選択し、
 
 

 
 
OKを選択すれば
目次が表示できます。
 
 

 
 

まとめ

 
 
今回は、
 
 
Wordを使った目次の作り方と、
 
 
無料で使える
オープンオフィスの
 
 
文章ドキュメントを使った
目次の作成方法について
まとめました。
 
 
また、
 
 
次回も無料レポート作成について
まだ少しまとめておきたい事があるので
 
 
また更新したいと思います。
 
 
では読んでいただき感謝します!!
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 無料レポート作成から公開までの7つの順序
  2. 無料レポート作成に困ったら
  3. まぐまぐ発行者登録と無料レポートスタンド
  4. 無料レポートを効率よく作る為の構成を考える時に役立つツール
  5. 無料レポート作成・PDF変換方法
  6. 無料レポートで最低限抑えておきたい記入事項&量産のポイント
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)