バンコク旅行記 – 未知の地へ

この記事は6分で読めます

バンコク旅行記 - 未知の地へ

バンコクへ旅行へ行っていたので、

旅で体験した事、見たものを
記事にまとめたいと思います。


こんにちは、けいです。
ちょうど先月、11月末から5日間
バンコクへ旅行に行ってきたので、

今回は旅日記を書きたいと思います。

関空→広州→スワンナプーム空港

夜中3時、男3人でカラオケボックスに集合し、
歌いながら打ち合わせ。

そして、朝から車で京都から関西空港へ!

朝8時過ぎの便でまずは広州へ。
そこから更に乗り継ぎ便でバンコクへ。

多少バンコク行きの便の遅れもあり、
暗くなった頃にバンコクに到着しました。

と言っても日本との時差は2時間なので、
2時間得した気分でしたが。

到着したバンコクのスワンナプーム空港は
予想以上に大きくキレイな空港でした。

広州からスワンナプーム空港

とりあえず、直ぐにタクシーに乗るため、
空港内のタクシー案内所へ。

ところが、調べていた相場よりも3倍くらいの値段で
ふっかけられ、断りました。
帰り際には、はじめの金額よりも半値くらいになっていましたが、
それでも高かったので、

無視して直接タクシーを探すことに。

そして、ちょうどいい金額でタクシーを探せたので、
そのままホテルへ。

・・・高速では120kmくらいの速度で
若干荒い運転でしたが、早くホテルには着きました(笑)

バンコク タクシー 荒い運転

バンコク宿泊地

まず泊まったホテルの場所がバンコクの
ラチャダピセーク地区という場所。

地図で言うとこの辺ですね。

ラチャダピセーク地区

ホテルはネットで予約して、
6万くらいで航空代も含まれていました。

バンコクSPBパラダイスホテル

ホテルの外観はこんな感じで部屋もきれいでしたが、
外はこんな感じの路地にあるホテルで、

初日の夜は暗くて怖く、更に疲れていたので
外出せず僕だけホテルでビールを飲んで留守番していました(笑)

SPBパラダイスホテル 外

因みに、こんだけ買っても500円もしなかったと思います。
安くでビールが飲めるのはありがたいです(笑)

ちなみに、「タイ人は日本語通じる」と一緒に行ったある人物から聞いていた僕は、
現地に着いてみて全く通じずビックリ!!
全て単語とジェスチャーでなんとかしました(苦笑)

でも意外といけるものです。親日だからかも。

bangkok08

タイでの最高の癒し!スパへ

ご飯も美味しくお酒も気候的に最高!
そんなタイですが、
実は僕が一番楽しみにしていたのがスパでした。

タイではスパが有名で、
こういった癒し空間でアロマオイルマッサージ、
をしてもらいました。

ハーブボールを体に当ててもらうマッサージがあったのですが、
それがかなり良かったですね。

熱々のハーブボールは香りもよく、
また、こっている部分に当ててもらうと
かなり気持ち良いですね。
疲れはもちろん取れましたよ。

タイのスパ2

タイのスパ

また、こういった日本人観光客用のうちわも渡してもらえ助かりました。

タイ スパ 日本語

タイでは至る場所にタイマッサージをしてくれる場所があり、
最終日にもこの店に行きました。

入り口には間違った日本語が書いてあり笑えましたが、
200バーツ(約620円)と安価で1時間タイ古式マッサージを
してもらえ、同じくかなり癒されました。

タイは体の疲れが安価で取れるので、
またタイに行った時は行ってみたいですね。

タイマッサージ3

タイマッサージ2

タイマッサージ1

タイの飯は安くて上手い!

・道に迷ったタクシーから降り、とりあえず目の前にあったバー

それぞれ50~100バーツくらい。
ビールも安いので夕方から結構飲みました(笑)

バンコク 美味しい飯

・ホテルの近所にあった屋台。焼き鳥一本20バーツ。
スパイスが濃い目でかなり美味しかった!

バンコク 屋台

・ホテルの近状にあった屋台でドーナツを5個約30バーツ

ドーナツ5個で100円くらいというのは激安ですね(笑)
安いけど美味しいドーナツでした。

バンコク 屋台のドーナツ激安

・70バーツ前後で1食

ここも美味しかった!

タイの飯

・バンコクはマックもあります

一番日本と違う点はドリンクの大きさ!
大きくしていないのに、日本のLサイズ以上の大きさのドリンクが
セットについてきました。

値段は少しだけ日本より安いですね。

バンコク マックメニュー

バンコク マック

ちなみにここのマックはWi-Fiスポットで、
無料で使えるWi-Fiスポットは、カフェやホテル、レストランなど結構あります。

お祭り騒ぎのビーチ

ここはホテルからタクシーに乗り高速でかっ飛ばしてもらい、
片道2時間かけて行ったビーチです。

タイランド湾に接する高級リゾート地だとか。

行った日は、花火が上がっていて、
人だらけでした。

ショッピングセンターで買い物し、
同時に半袖でクリスマスツリーも見れかなり贅沢な経験でした。

ここでは、ビールを飲みながら花火を見るのも最高ですが、
世界中から来ている外国人観光客を観察するのがとても楽しかったです(笑)
みんなお祭り気分です。

パタヤビーチ

タイ パタヤ

タイ パタヤビーチ

タイ パタヤ 花火

ここは楽園そのものでしたね。

撮りたかったバンコクの夜景をタイで一番背の高い建物から

今年の春にカメラをはじめ、夜景や紅葉などの景色、
星なんかも撮ってきましたが、

ここでの夜景を撮ったのが一番の思い出になりましたね。
(2時間掛けて行ったビーチも良かったですが)

ここへは、一人行動で行ったので、予定気にせず
夜景を撮りまくっていました。
気分は海外の景色を撮り歩くカメラマンです(笑)

・・・というか、そういう気持ちの設定で行かないと
周りはカップルばかりだったので、
完全にカメラマンの設定で行きました(笑)

入ったのはバイヨークスカイタワー。
85階建てで世界で33番目、タイでは1番背の高い建造物です。

バイヨークスカイタワー

まずは受付を済まし、チケットをもらい展望台の場所のメモも書いてもらいました。

バイヨークスカイタワー 展望台

そして、「このタワーよりも更に背の高い女性」に誘導され、
向かったのは77階。
(冗談ですよw)

バイヨークスカイタワーの背の高い女性

早速カメラでパシャパシャ!!

バイヨークスカイ 夜景 77階

そして、この展望台のチケットを買った際に、
「83階でのスカイラウンジの1ドリンクが1杯無料」だったので、
寄ってみることに。

入り口で「2名様ですか?」と英語で聞かれましたが、
1名と答えるとクスっと笑い聞きなおされましたが、
「一人だけどなにか?」といった顔で気にせず入りました!!(笑)

ここはチャージ料金がてっきりかかるのかなと思い、
聞いてみると、なんと無料!!

また、ワンドリンクはアルコールもOKでビールを注文!

まー、結局景色やら雰囲気が最高すぎて、
気分も良くなり何杯か飲みましたが(笑)

バイヨークスカイラウンジ

バイヨーク スカイラウンジ 夜景

実は一人で飲むのも好きだったりしますので。

因みに、WiFiは無料のようで、
試しに店員に聞いてみたらパスワードを教えてくれました。

バイヨークホテル WiFi

バイヨーク WiFi無料

まーこの写真が撮りたかっただけですがね(笑)

そして、飲み終わってお店をでて、
ここの展望台で一番高い場所、84階へ。

展望台は回転式で屋外でした。

絶景で感動していました!一人で・・(笑)

バイヨークスカイタワー 夜景

イヨークスカイタワー 夜景2

イヨークスカイタワー 夜景3

バイヨークスカイタワー 夜景5

バイヨークスカイタワー 夜景4

※ついでに夜景を撮ってYOUTUBEでもアップしました。

背も高く、中もキレイで立派な建物でしたが、
この建物の直ぐ前はこんな風になっていて驚きでした。

バイヨークホテル前

バイヨーク前 偽物服

偽物のTシャツも普通に売られています(笑)

最終日はショッピングエリア サイアムスクエアへ

最終日は、泊まっていた場所から近所でショッピングができる
サイアムスクエアに行きました。

この日は地下鉄で移動。

地下鉄は、5駅くらいの移動で約30バーツ(約90円)でした。

ちなみに、切符は電子式。これを改札でかざせば通れます。
こういった部分は日本よりも進んでいますね。

ショッピングセンターは高級ブランドが沢山あったり、
周辺のお店は、雑貨が沢山売ってあったり、IKEAやH&Mなどもありました。

あと、この日は近くでデモをやっていて至る所に警官が立っていました。

あと、外出は出来るだけ控えるようにと現地の人には伝わっていたようで、
人通りは多少、少ないような気もしました。

バンコク サイアムスクエア

バンコク サイアムスクエア 写真

バンコク サイアムスクエア周辺

今回の旅でたまたま行った場所

旅って迷ってこそ発見できるいい場所もありますよね!?
今回もそんな場所をいくつか発見できたので、
少し書きたいと思います。

タイのスパへ行く為にタクシーに乗ったとき、
目的地から徒歩20分も離れた場所で降ろされたのですが、
おかげでいい場所に立ち寄ることができたんです。

場所はトンロー。

この辺りはどうも日本人が多く住んでいるようで、
お店も日本食や、ダイソーなど、
日本人向けのお店が多かったです。

因みにダイソーでは日本では100円のものが、
60バーツ(約180円)で売られていました。
こう行った価格の違いを発見していくのも面白いですね。

バンコク ダイソー

大戸屋もありました。

日本食は日本と金額は変わりませんが、
やはりたまには日本食がタイに居てても食べたくなる。
たった5日間ですがそう思いました。

そして、日本食のお店はだいたい日本人も居るので、
言葉が通じて色々聞きたいことも聞けるのでありがたいです。
今回は道に迷っていたので道を尋ねていました。

バンコク 日本食

バンコク 大戸屋

因みに、道を親切に教えて下さった日本の方は
3年前にバンコクのトンロー店に来ることが決まり、
それからずっとおられるそうですが、
いまだにバンコクには慣れないそうですね。

価値観もまるっきり違えば、働き方も全く違う
タイの人に日本の大戸屋のやり方を教えるのは、
とても大変なんだろうなと、想像していました(苦笑)

・・・
大戸屋の親切な方に道を聞き、店を出て、
徒歩でスパへ向かう事に。
途中、高級家具のお店があったので寄ったり、
日本人のやっているラーメン屋さんのお兄さんに再び道を尋ねたり(笑)

後は、日本とは違い、高級車ばかり走っていることについて考えたりと、
それなりに面白かったですね。

暑い中疲れましたが(笑)

バンコク 日本人が多いトンロー

スパで疲れを取り癒される前に、
いい汗をかいていましたね。

僕の旅のお決まり

僕は、普段はタバコは吸いませんが、
旅行中は吸う事が多いです。

・・・というのも、
自分の中でタバコは嗜好品だという位置づけをしてから
普段は吸わなくなりました。
(昔は普段も吸っていましたが)

ただ、旅を楽しめるアイテムとして、
吸っていると、なんかいつもと違う気分がより楽しめるので、
旅の時は吸います(笑)

今回は、マルボロの赤。
バンコクで買ったタバコにはこんな写真が貼られています。
(見えにくいですが肺が真っ黒になっている写真)

こういった写真を見ながら吸うと本数が減る友人が多いです(笑)

タイ タバコ

今回の旅で忘れることの出来ない単語

広州 空港

Delay:遅れ

男三人で広州の空港で、
時間になっても搭乗できないことを
受付の女性に言うと、

「Delay・・○×▲」

と言われ、一緒に居た一人が、
自分が時間に遅れたと言われ怒られていると勘違いし、

「NO」と言うと受け付けの女性が大笑い!

隣にいた受付の2人も笑いながら、
「Delay」と連呼し、

挙句の果てには、搭乗券の裏に、
「Delay」と書いて中国語で「延迟」と書かれました。

親切かもしれないけど、笑われ馬鹿にされたことに
「ずっとツレはイライラ」して怒っていました(笑)

その出来事以降、今回の旅の始まりから終わりまでずっと引っ張った
ネタになりました。

何かあると、Delayの連呼です(笑)

Delay・・・そう口にすると、
自然と、あの広州白雲国際空港の
「美人だけどちょっと嫌みな女性」が思い浮かび
二度と忘れない単語になりました(笑)

「あ~、英語ってこうやって覚えていくもんなんだな」
って思いましたね。

※広州の空港にて人民元に3000円分だけ両替し3人でヤケ食いヤケ酒など
広州空港 ご飯

今回の旅で感じたこと思ったこと

実は僕自身海外へ行くのは初めての事で、
海外へ行ってみて、日本との違いについてとても多くの事を知りました。

中国広州のトイレットペーパーの硬さのこと、
バンコクのトイレットペーパーの細さのこと、
バンコクのシャワーのこと、
バンコクの車にカーナビがついていない疑問、
店員さんの対応の違いなどなど、

日本では本当に当たり前だと思っていた事が
まったく無かったり、物自体の存在がなかったりと、

日本の環境について、とてもありがたく感じましたね。
特に空気もきれいに感じます。
日本に戻ると鼻づまりも解消されたので(笑)

同時に、バンコクにいた人はみんな本当に元気で、
笑顔の人が多く活気のある場所だったのもあり、
日本に戻ってからすごく寂しくも感じました。

そういった違いからも色々な発見がある。
そんな貴重な機会でした。

特に何か自分が気にしていることでも、
バンコクの人だったら多分まったくどうでもいいことなんだろうな。

とか、そういった比較できる対象が増えたのも、
貴重だと感じました。

バンコクはとにかく最高でした!!
と言う事です(笑)

さて、次はどこの国へいこうか・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)