韓国へカジノメインで旅行してきました。

この記事は4分で読めます

韓国へカジノメインで旅行してきました。

11月の3連休に韓国へ旅行に行ってきました。2泊3日の旅ですね。料金は、チャイナエアライン利用の燃油込み34000円くらいだったと思います。平日だともっと安かったんですがね。そして、どうせ飲みに出るだろうということで、ホテルは1泊二人で1万円の安いとこにしました。(結果ちょい後悔の事件が・・笑)ホテルはカジノからも空港からも2駅という場所的には好都合。

 

近未来な仁川(インチョン)

 

近未来な仁川(インチョン)
まず、着いて驚いたのが、近未来な仁川ステーションでした。予想してたより「近未来な雰囲気」でワクワクしましたね。この時点でかなり期待!あと、空港鉄道 A'REXもきれいで近未来感がありました。駅のホームもこんな感じできれいです。

A'REX

中もきれで、コレに乗るとソウルの中心へ一本でいけるわけですね。ただ、人が少なくガラガラでした。この時間はまだ21時くらいでしょうか・・。

ソウルの中心へ一本

駅のホームで、珍しいドリンクを見かけたのでついでに買って飲んでみました。カジノで勝負前に、おいしいドリンクでエネルギーチャージできました(笑)

IMG_4594

 

ホテルはやはり安いだけあり

 

ホテルはやはり安いだけあり

ま、まぁ、Wi-Fi環境だけいいのですが、ホテルは安いだけありましたね。何が安いだけか?部屋は別に普通です。風呂もあります。が、、、風呂場の電球が切れていました(汗)・・・ていっても、なんかフロントに言うのも呆れたというか面倒だったので、風呂場はiPhoneのライトで照らしてお風呂に入りました。

これも旅の醍醐味!?って思って(笑)ちなみにツレもなぜか「フロントに言わない?」などと言った発言もなく、普通でした。もしや、カジノにさえ行ければ他はどうでもよかったのかも(笑)

 

完全にカジノメイン!

仁川 カジノ

実は、そこまで僕はカジノに乗り気ではなかったのですが、ツレのカジノへのアツい情熱に負けて韓国を旅先にしたんです。だけど入ってしばらくプレイしていると、かなり楽しんでいる自分がいました(笑)・・・何を楽しんでいたか?ですが

  • 場の独特な雰囲気
  • 人間観察
  • スリル

です。場の雰囲気というのは、ほぼ、皆が目の色を変え、必死で金を増やそうという目に見えないエネルギーというか、そういったものを感じました(苦笑)カードをゆっくりと神頼み的に開く人を見たときは、ふとカイジが頭に浮かびました(笑)でも、中にはただただ、楽しんでいる人もいましたね。

僕は一応少しだけ友達とやった経験のあるブラックジャックに参加しました。ただ、実際の細かなルールはわかってなかったんで、途中ガイドブックを渡して説明してもらいながらの参加でした。・・と言っても、最低5000円からの賭金のテーブルでやっていて、結構迷惑だったかもです(笑)隣では、5万とか10万がプレイヤーとディーラーの間で行ったり来たりしてたので。

一応、なかなか体験できない経験なので、隣のプレイヤーからのヤジであるとか、愚痴であるとか、そういった状況でも平常心を保つトレーニングと思い、ひたすら冷静にプレイをしていました。そして、迷惑なくらい掛け金はほぼずっと最低金額です(笑)同じ単位で賭けた方が自分の感覚が狂わないかな?ってのもありましたね。

とりあえずその空気感が何ともいえない心地よさで、掛け金が一人一人違う中、平常心を保って楽しんでいる人、そうではない人、その違いと勝敗の違いなど。そういったことを観察しながら、自由にあれこれ頭の中で考えているのがいい体験になりました。(逆にこのカジノの場の空気に慣れると冷静さを失いそうですが・・)

また、カジノでのギャンブルとしてのスリルも僕にとっては非日常体験でしたね。結局、なんだかんだいって、結構ギャンブルは好きな方なので、このスリルはやっぱり好きです。今回は、大きく張ったりとかはしませんでしたが、スリルも程よく楽しめたかと思います。次回は、日本人観光客に貰ったブラックジャックで確率的に勝てやすい正攻法も覚えてやってみたいなと、新たにしたいことが一個増えました。

ブラックジャックで確率的に勝てやすい正攻法

 

韓国での飯はやはりガイドブック掲載店から始めるべきか?

やばい肉

今回の旅は、カジノ以外は、ほぼ何も決めずに行きました。特に観光は、とりあえずソウル駅の方か、明洞(ミョンドン)に行けばいいんでしょ?的な少ない知識だったので、観光らしいことは全くできていません(笑)とりあえず、一番記憶に残ったのはソウル駅で降りて、キャッチしてきたおばちゃんに同情し、入った1500円で食える肉料理。焼き肉とサムギョプサルが食べれるということだったはずなのに・・・、料理はサムギョプサルがメインで焼き肉はなし!(笑)・・まぁ、半生の焼いた肉は出てきましたが・・(笑)

・・・しかも、色がやばい。比較的僕は普段ご飯は残さないのと、韓国の人はお残しが大嫌い!という情報が頭に入っていたので、がんばって食べていました(笑)・・が、ツレが10分程度で箸を止め、出よか!と言ったので、彼に言われるままそそくさと出ました(笑)特に、お残しでもこの店では怒られずでしたね。やはり少々高くても、安心しておいしく食べるには「ガイドブック」などにのった店がはじめはいいなって思いましたね。特に韓国では言えることですね。・・まぁ今回は変な冒険を求めていたのでこういったことを引き寄せたのでしょう(笑)

 

まとめ

うーんとりあえず、今回の旅の目的は新しい体験をするという事だったので、これは確実に果たせたかなと思いますね。ただ、もう1日だけ旅できる日があったとしたら、完璧に計画立てて観光したかったなーという心残りがありますね。ソウル最大の繁華街っていう明洞も行きたかったし・・。

まぁ、とりあえず新しい体験で少し視野が広がり、また別の視点や価値観が手に入ったのでいい旅でした(笑)あとカジノでは、1日目プラス、2日目マイナス、トータルプラスということで、今回の旅代が浮きました。

 

他、おまけ

実は、飯に関してカジノで食べた焼き肉定食が一番うまかったんですけど、その次に一応うまかったのが、1500円で食べたコレです。9割辛いモノで、ご飯もっと欲しいよーって感じでしたが一応食べれる飯でした(笑)

韓国飯

あと、バー的なところを探していると、結構ライブバーってのが向こうでは流行っているようでした。

ライブバー

あと、こういったぎらぎらしたハングルの看板がインパクト大でしたね。ちょっと怪しさもありますが実は普通のお店ばかりでした。

韓国ネオン

あと、ぶらぶら歩きすぎて疲れたというツレの意見で行った銭湯。僕は恐る恐るでしたが、これも新しい体験だということで入りました(笑)若干、掃除してた人に水かけられたりもしましたが、それでも気にせず“一応”リフレッシュできました(苦笑)

韓国の銭湯

韓国の銭湯その2

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)