キーワード出現頻度について

この記事は2分で読めます

キーワード出現頻度について

こんにちは、けいです。
 
 
今日は、
キーワード出現頻度
について話して行きたいと思います。
 
 

まず、
SEO対策を行っていくうえで、
 
 
キーワード
 
 
のことも少なからず考えて
ブログを管理していかなければいけません。
 
 
その中でも、
キーワード出現頻度を考える
ということをしなければいけません。
 
 
これは、少々面倒なのですが、
知識さえつけてしまえば無意識に出来るようになると思います。
 
 
例えば、
 
 
「ダイエット」
 
 
について書いているブログがあったとして
ダイエット効果
というキーワードで上位表示を狙っていたとします。
 
 
その場合、
ダイエット効果
に関するキーワードを含ませていく必要があります。
 
 
これは多く含ませればいいというわけではありませんので、
注意が必要です。
 
 
大体どれくらいの割合で、
ダイエット効果
というキーワードを含ませていけばいいのかというと
 
 
5%が良いとか色々言われたりしますが、
基本的に数値は意識しなくて良いと思います。
 
 
それよりも、
狙ったキーワードで上位表示しているライバルサイトの
キーワード出現頻度を参考にすれば良いでしょう。
 
 
(同じキーワードで上位表示しているサイトよりも少しだけ多くキーワードを含ませるとか・・・)
 
 
あとは、記事の内容をより、
ダイエット効果
に対して詳しく書いている記事だと
 
 
クローラーに認識させるために、
複合語や関連ワード
を含ませることも効果的です。
 
 
(同じキーワードを含ませすぎるとスパムになるので、
それを防ぎつつ、より詳しいページとクローラーに認識させる効果がある)
 
 
クローラーについて分からない場合はこれを
 
 
そうした工夫を記事更新のたびにすることで、
日に日にSEO対策が出来ていくと言うことです。
 
 
では今回はこれで。
長文読んでいただきありがとうございます。
 
 

PS

 
 
ちなみに、
キーワード出現頻度を調べる場合は、
これを活用すれば良いと思います。
 
 
キーワード出現頻度解析サイト
 
 

PS2

 
 
追記です。徐々にSEO対策はコンテンツ重視になり、
また、売れるサイトやブログを作ろうとする場合は、
 
 
商品についての情報をより詳しく、
そして分かりやすくまとめる必要があります。

 
 
そうすれば、当然検索エンジンからも評価され、
プラスして、キーワードも自然に含まれた記事になります。
 
 
今回の「キーワード出現頻度の測定」はあくまでも
ただの指標として考えて下さい。
 
 


 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. rinkage
  2. i2iに新機能!SNS解析と一覧PV数表示
  3. ページの表示速度を測れるWEBサービス
  4. index1
  5. ブログ記事は一度書いて公開したらそれで終りではない
  6. ページ滞在時間の調べ方
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)