キーワード – ロングテール戦略

この記事は2分で読めます

キーワード - ロングテール戦略

ロングテールで
検索エンジンからの集客を狙う
戦略について、

まとめました。


こんにちは、
けいです。

今日は、

「ロングテール戦略」

について話して
行きたいと思います。

まず、

ロングテールについてですが、

ご存じない方は、
こちらを参考に。

ロングテール

多くの人は、

はじめからビッグキーワードを
狙っていきますが、

今回のロングテール戦略は、

「ユーザーの細かなニーズを広く拾っていく」

という手法です。

で、

実は、
この手法をとることは、
とてもメリットがあることで、

簡単にまとめて2種類のメリットが
あります。

ライバルが居ないフィールドで勝負できる

まず、
なんといっても魅力的なのが、

「ライバルが少ないフィールドで勝負できる」

ということです。

やはり、

細かなキーワードだと、
当然ライバルが少なくなってきます。

ですので、
そういった細かなキーワードを狙って、
そのキーワードに関連する内容の記事を書き、

その記事を単体で上位表示させるという方法です。

これが、

新規で作ったばかりのブログだと、
3ヶ月程度は最低SEOが効いてくるまで掛かりますが、

ある程度の期間が経ち、
継続的に記事も更新していると、

ある時期から、
ジワジワとそれぞれの記事へ
検索エンジンからアクセスが集まってきます。

そうすると、

ひとつひとつの単体でのキーワードでの
アクセスは少ないですが、

記事がある程度たまってくると、
その分集客できるキーワードが増えるので、

サイト全体で見ると
多きなアクセスとなります。

コンテンツが充実できアクセスも安定しやすい

では次に、

細かなキーワードを
記事を更新していきながら
狙っていくわけですので、

まず、

何よりも気が楽です。

特に、

「このブログはこのビッグキーワードだけを狙っていくんだ!」

と意気込んでいても、

そのうち記事のネタ切れになり、
サイト更新は止まってしまうでしょう。

よほど、
知識をつける努力をするか、

よほどそのジャンルが好きで、
趣味になっているくらいのレベルでないと
記事更新は不可能です。

比べて、

ロングテールで
細かなキーワードを
各記事で狙っていく場合は、

毎回、

違う細かなキーワードに対して記事を書けるので、
ネタは尽きにくいでしょう。

その結果、

コンテンツも充実し、
どんどんサイトが育っていきます。

コンテンツが最重要視されている
いまのSEOにも相性のいい戦略です。

また、

ビッグキーワードで狙っていく場合は、

「ちょっと検索エンジンの順位がずれただけで
報酬が一気に下がった!」

なんてこともありえますが、

ロングテールだと、
各キーワードで順位が下がっても、

集客してるキーワードを
分散しているわけですので、

ひとつのキーワードで下がっても
全体としては被害は少ないわけです。

以上!

今回は
少し頭の痛くなるような
内容だったかもしれませんが、

キーワードについて、
とても大切なことでした。
ではありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. リアル店舗で学んだ店と店とのリンク
  2. 検索順位をチェックする方法
  3. kensakujyuni
  4. pingsousin
  5. ブログやサイトは捨てるべき?
  6. rinkage
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)