ブログSEO内部対策! 内部リンクの充実化

この記事は2分で読めます

0161

記事を更新していく上で、
検索エンジンからアクセスを集める。
 
そのために記事の中でやっておくべき、
細かなSEOテクニック
について
書きました。
 

こんにちは、
けいです。
 
 
今日は、
「内部リンク」について
話したいと思います。
 
 
まずはじめに話しておきたいことは、
何のために記事を更新していくのか?
ということです。
 
 
ここでは、
アフィリエイトを教えるブログなので、
アフィリエイト目的のブログ構築を話して行きます。
 
 
つまり、
キャッシュも発生するブログ運営の仕方
と考えてください。
 
 
前回の記事でも話していましたが、
「SEO対策も考えた記事の書き方」
についてです。
 
 
前回の記事
 
 
で、
今回もSEO対策の話になります。
前回と同じく内部対策の話です。
 
 
(※SEO対策には、内部対策と外部対策があります)
 
 
今回話す内部対策の、
「内部リンクを充実させる」
という事の目的は、
 
 
記事ページをインデックスさせる
という狙いがあります。
 
 
インデックスとは、
検索エンジンにデータを保存することです。
 
 
で、
このデータ保存を行なっているのが、
 
 
「クローラー」
 
 
と呼ばれる、GOOGLEのロボットです。
 
 
つまり、このロボットが、
自分のブログに遊びに来てデータをパクッて行き、
検索エンジンに保存する(笑)
 
 
と考えてください。
 
 
まぁ、
はじめはこんな感じで
覚えていたらOKでしょう。
 
 
で、
記事ページをインデックスしてもらうことが
検索エンジンにブログを表示する為には
まず重要になってくる
ので、
 
 
それを効率的に行なう方法を教えておきます。
 
 
まず記事を更新して行く上で、
記事がどんどんたまってきますよね?
 
 
記事がたまってきたら、
最新記事のフッター(下)に
 
 
○おすすめ記事はこちら○
アフィリエイトを取り組む姿勢
 
 
といったように
おすすめ記事をアンカーテキスト(リンクテキスト)
にして紹介しておきます。
 
 
ここでアンカーテキストにする意味は、
キーワードを含ませるためです。
 
 
キーワードを含ませることで、
SEO効果を高めます。
 
 
もちろん、リンク先のページに合ったキーワードに
する必要があります。
 
 
たった、これだけの工夫で、
クローラがブログに来た時に、
 
 
効率的に記事ページを巡回させることができ、
且つ、アンカーテキストの最適化もできます。
 
 
そうすれば、
インデックスされる記事も増やすことが出来ますし、
且つ、その記事ごとのキーワードも強化させることが出来ます。
 
 
後に、こういった細かな工夫が、
『それぞれの記事ページのアクセスが安定する』
ということに繋がってきますので、
 
 
是非意識して行なっていってください。
 
 
少し今回の記事は難しかったかもしれませんので、
あわせて、僕がまとめたSEO対策のレポート
読んでおくことをオススメします。
 
 
ではでは、今回はこれで。
 
 


 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. キーワード - ロングテール戦略
  2. パズル影
  3. サテライトサイト更新とメインサイトのアクセス
  4. 効果的な被リンクを簡単に得る方法
  5. サイト名はどうすればいいか?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)