ページの表示速度を測れるWEBサービス

この記事は2分で読めます

ページの表示速度を測れるWEBサービス

ページの読み込み速度を
速くする事で、
 
訪問者の直帰率が下がり、
よりページに
滞在してもらいやすくなります。
 

よし、
 
 
今日は、
この事について
徹底的に調べよー。
 
 
まずは、
GOOGLEの検索窓に
調べる内容を打ち込んで、
 
 
Enter!!
 
 
よし出て来た出て来た・・・。
 
 
とりあえず、
欲しい情報が書いてある
ページを探していくかー。
 
 
まずは、
このサイトと・・・。
 
 
クリック!!
 
 
・・・
ん?
 
 
う〜〜〜、
全然表示せん・・・。
 
 
他のサイト行こ、
他・・・、
 
 
・・・
とならないようにする為に、
意識しておきたい事を
 
 
今日は、話したいと思います。
 
 
こんにちは、
けいです。
 
 
今日は、
 
 
ブログ滞在時間を延ばす為の
工夫できるポイントとして、
 
 
「サイト表示速度」
 
 
について、
少しまとめたいと思います。
 
 
ちなみに、
 
 
ブログ訪問者の
滞在時間を伸ばす事によって、
 
 
読者さんのニーズを
満たせた記事が書けている可能性が
上がるのはもちろん、
 
 
コンテンツが充実していると言う事で、
 
 
検索エンジンからの評価も上がります。
 
 
その為、
 
 
滞在時間を伸ばす為に、
まずは、
 
 
「ページの読み込み速度」
 
 
を意識した
ブログ構築が必要です。
 
 
ブログをカスタマイズした場合などは、
 
 
この読み込み速度を測定しながら、
編集を加えるようにして頂ければと思います。
 
 

ページの表示速度を測る方法

 
 
では、
ページの表示速度を測る方法を
紹介したいのですが、
 
 
まず、
下記のサイトを開きます。
 
 
WebWait
 
 
次に、
URLを入力して、
 
 
あとはcue it up!
をクリックすれば、
 
 
ページの表示速度が
測定できます。
 
 

 
 
一応、
目安として
 
 
8秒以内を意識し、
目標としては3秒以内を目指し、

 
 
改善して頂ければと思います。
 
 
一応、
改善できる点としては、
大きな画像を使いすぎない事や、
 
 
動画などを使いすぎない事、
 
 
あとは、
ブログのカスタマイズツールなど
多すぎる場合は
 
 
少なくする事で、
速度は速まります。
 
 
一応、
 
 
コンテンツの充実具合と
読み込み速度のバランスを考え
 
 
ちょうどいいバランスになるくらいで
調整して頂ければと思います。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ページ滞在時間の調べ方
  2. サイト名はどうすればいいか?
  3. リアル店舗で学んだ店と店とのリンク
  4. ページ滞在時間の調べ方
  5. インデックスを早める為の簡単な方法
  6. 作ったばかりのブログ(サイト)にまずやっておきたい2つの事
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)