YOUTUBEに動画をアップしよう!

この記事は3分で読めます

YOUTUBEに動画をアップしよう!

PCはもちろんiPhoneや
スマホ、携帯・・・

結構快適にYOUTUBE動画が
見れる機種も増えているので、
より動画を検索する人は増えています。

こんにちは、
けいです。

今日は、

「YOUTUBEに動画をアップする方法」

について、
まとめたいと思います。

YOUTUBE動画では、
まず言える事として、

「検索する人がとても多い」

と言う事が言えますよね。

最近では、

どんな動画でもYOUTUBE
に行けば存在していると
認識している人は増えていると思います。

例えば、
何かのやりかたや方法・・・、

そうですね、

エレキギターの弾き方が知りたければ、

エレキ 初心者
エレキ 弾き方

とかで調べて動画を見つけ、
それを見ながら上達出来ている人も
いますし、

スノボーであったり、
バス釣りなどの釣りであったり、

調べれば何でも出てきます。

僕の友達は、
ちょっと変わっている?
のか、

ドSなのか知りませんが、

「アナコンダがワニを食べる動画」

を最近は嬉しそうに
見ていました。

まぁ、
そんなよくわからない動画まで
かなりあります(笑)

次に、
YOUTUBEを活用する上で
魅力的な事は、

「どんなジャンルでも受け入れてもらいやすい」

と言う事が言えます。

普段から、
YOUTUBE動画を検索される方であれば、
ご存知だと思いますが、

1つの動画を見れば、
関連動画がどんどん出てきます。

そうすると、
たまに変な動画とか、

全く意味の分からない動画が
沢山出てきます。

先程の、
アナコンダがワニを食べる動画も

僕からすれば、
意味が分からない動画に入りますが、

ただ永遠に、
一人でカラオケをしている人や、

化粧の仕方を教えている
美女、

牛と一緒にラップをしている
でかい男、

スーパーサイヤ人に
本気でなろうとしている外人などなど・・・

何でもありです(笑)

もちろん、
何かを教える為の
まじめな動画も沢山ありますが・・・。

とりあえず知っておきたい事としては、

自分の知っている事であれば、
何でも動画としてYOUTUBEに公開できる

と言う事ですね。

もちろん規定内の
内容であればですが。

YOUTUBEに動画をアップする方法

では、
動画のアップ方法を
紹介したいのですが、

まず、
YOUTUBEに
ログインした状態で、
アップロードを選択します。

次に、
下記の公開設定を
設定し、

アップロードを
開始します。

動画を選択したら、
タイトルと
動画の説明文を作成します。

出来れば、
検索されやすいキーワードも

タイトル、説明文にそれぞれ
入っていればベストですね。

また、URLなどは、
上部の2行以内に入れておいた方が、

「もっと見る」

と言うボタンを
見る人がわざわざ開かなくても、
URLが押せるので、

クリック率が上がります。

後はタグの部分ですね。

ここには、
狙ったキーワードを
入力してください。

あと、

動画のサムネイムは、
動画の再生前に
表紙になる画像の選択です。

公開範囲と
チャンネル登録者への
登録されたときのメッセージや
カテゴリを設定し、

保存すると
完了です。

後は、
動画の管理から、

きちんと公開されているか
確認しておきましょう。

iPhoneの場合

では次に、

iPhoneなどで
動画を直ぐにアップする方法を
シェアしておきます。

もちろんスマホでも
手順は違うと思いますが、
動画のアップは出来ます。

では、まず、
撮影した動画を開き、

下記の下に表示されたメニューの
左から2番目のボタンを
選択します。

スノボー

次に、
YOUTUBEボタンを
選択します。

次に、
YOUTUBEに
ログインしてください。

後は、
タイトルと説明文を入力します。

次は、

動画内容に合っていて
狙ったキーワードを
入力してください。

つぎに、カテゴリや
公開範囲をなどを
入力してください。

入力が済んだら
後は、公開を押すと
アップロードが始まり
公開されます。

◆iPhoneから今回アップした動画

ちなみに、この動画は
2日前のスノボーの様子なのですが、
完全に手抜きです(苦笑)

16GBのiPhone4Sで撮ったのですが、

容量オーバーのままにしていて、
データを整理しておらず、
一瞬で終わってしまっている動画です。

更に、

iPhoneを横に持って撮影する癖が無く、
縦撮りになっていますので、
動画の幅が細いです。

まぁ、iPhoneでもきちんと使えば、
きれいに動画が撮れますが、

より本格的に写真や動画に力を入れたい場合は、

持ち運びが楽で
画質の良い一眼レフの
ミラーレスなんかもオススメです。

見た目もオシャレなのが多いです。

安く買う場合は、

ヨドバシカメラや
近所の電気屋などで
商品だけ確認しておき、

Amazonや価格.comで
購入するのがオススメですね^^

では今回はYOUTUBE動画についてでした

読んで頂き感謝します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YouTube動画再生中に見せたい動画をお知らせする機能
  2. youtube動画をブログやSNSで共有する方法
  3. youtube動画は誰でもアップできる。そして報酬を・・
  4. YOUTUBE動画からの収入は不労所得か?
  5. youtube
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)